空きコマ・放課後に行ける銭湯まとめ ー早稲田編ー

気温が高くなり、汗ばむ日も増えてきたこの時期。1日の活動が終わった皆さんは何をしますか? 友達とごはんに行くのも良いですね。ビールが美味しい気温です。

でも、どうせだったら1日活動してかいた汗をさっぱりさせてからというのはどうですか? ということで、今回は早稲田の銭湯(まとめと言っても2店舗のみですが)2店舗を細かくレポート。次回は、高田馬場の温泉をご紹介します。

松の湯

地図を見る

基本情報

営業時間:15:00~25:00
定休日:毎週月曜
料金:460円(サウナ別料金540円)

松の湯レポート

早稲田生なら一度は目にしたことがあるだろう松の湯。大学からすぐに行ける立地の良さで愛好している早稲田生も少なくないです。それではいざお邪魔してみようと思います。

綺麗でゆったりとしたロビーです。早速番台にて入浴料を払います。ボディータオルを40円で借りられるので手ぶらでも問題ありません。

まずは、脱衣所に来ました。

なにやら歴史を感じさせるマッサージチェアです。筆者が行ったときには、とても気持ちよさそうにおじさまが座っていました(使ってなかった)。

いざ浴場へ入ってみました。洗い場は全部で24つのボディーシャワーが2つ。お風呂は水風呂を含めて全部で6つです。富士山じゃなくて鶴の絵なんですね、とても色鮮やかです。

奥にある4つは左端と右端が普通の湯船です。左端のほうが少し熱めになっているので、熱めを好む方にも優しいです。筆者はそれほど熱めは得意ではないので、右側でゆったりとつかりました。

真ん中左にはボディーマッサージ風呂が1人分。真ん中右にはバイブラバス(座ってジェット水流を浴びるマッサージ風呂)が2席ありました。体の凝りをジェット水流でほぐしてもらいます、気持ちいいです。

「少しお風呂につかりすぎたかな…」と思った人には、

銭湯には珍しく打たせ湯があるんですね。無心で水流に打たれながら半身浴ができます。

ここの打たせ湯は2人分利用でき、そのスペースは対面式になっています。
筆者はここで知らないおじさまと向い合わせに。軽くおしゃべりして仲良くなりました。地元の人との交流があるのも銭湯の魅力ですね。

こちらサウナと水風呂のセットです。

「サウナってあんまり長く入っていられないから、これで別途料金は損かも…」

こう思った人、甘いですよ。サウナは長時間入るのではなく、自分の無理ない時間で何セットも入るのがおすすめです。

そしてサウナに入った後は水風呂へ、勇気を出して飛び込みましょう。身がキュッと引き締まり、このあとのサウナをより心地よいものへと昇華させる布石となります。

サウナ→水風呂→サウナ→水風呂…この無限ループの交代湯で生まれ変わったかのような爽快感をお楽しみください。こうして浴場を満喫した後は

やっぱりこいつらですよね。筆者は4限の空きコマの時間で行ったので130円のコーヒー牛乳をいただきましたが、

ビールも用意してくれています。好きな飲み物を買ってロビーで一息つきましょう。ロビーには新聞、足つぼ、テレビがあり、ゆっくりできる最高の居心地でした。

5限に行くのをつい忘れてしまいそうになりそうになるも、惜しみながらの退店。空きコマ銭湯、癖になりそうです。そんな早稲田からゲキ近の松の湯さんでした。

豊川浴泉

地図を見る

基本情報

営業時間:16:00~23:30
定休日:毎週月曜日と金曜日
料金:460円

豊川浴泉レポート

何やら温泉旅館のような雰囲気の建物の面影橋にある豊川浴泉です。
周りも非常に静かな街並みなのでとても落ち着きます。写真は昼間ですが、筆者は深夜にお邪魔させていただきました。

こちらはロビーの写真。コンパクトなロビーです。タオルの貸し出しはやってないので、自分でタオルを持ってくるか、160円でタオルや歯ブラシがついてくる手ぶらセットを購入しましょう。受付でお金を払っていざ脱衣所へ。

こちらが脱衣所。松の湯とあまり変わりませんね。綺麗な脱衣所でした。

こちらが浴場の様子。立派な富士山の絵ですね、やはり銭湯の定番はこれでしょう。洗い場が23か所あり、ボディーシャワーが2つありました。

そして奥にお風呂が3つ。真ん中にバイブラバスが2つと右にオーソドックスな浴槽が1つ。そしてこの豊川浴泉最大の特長が左にある日替わりの健康薬湯です。

このように各週曜日ごとに薬湯が違っています。筆者が入った時は漢方の湯でした。これがまた、とっっっても気持ちいいんです。

他の2つの浴槽より少しぬるめの温度、深さも他の2つよりあってゆったりと浸かることが出来ます。鼻には薬湯の良い香りが嬉しいです。ぬるめ深めの効果で長い時間お湯を染み渡らせることが出来るので、体の芯まであったまりリフレッシュできます。

筆者の時は漢方の湯でしたが、他の日もぜひ行ってみたくなりました。本当に本当におススメです。そして湯船を楽しんだ後は

これですね。
コーヒー牛乳を美味しくいただきました。全品130円。アルコールは出していないようです。

広くはありませんが、とても落ち着く空間です。深夜で閉店時間も近かったのでサッと飲んで退店。1日の疲れを癒せる薬湯が魅力の豊川浴泉。周りの街並みの雰囲気も相まってとても癒されるお店でした。

おわりに

今回は早稲田付近の銭湯をご紹介しました。次回は高田馬場の銭湯をいくつかご紹介しようと思います。あなたに良いお湯と時間をご紹介できますように。またお会いしましょう。

おすすめ記事

空きコマ・放課後に行ける銭湯まとめ ー高田馬場編ー

50人に聞いた、空きコマの過ごし方まとめ

ドリンク一杯無料!早稲田の新しい勉強スポットとは?

早稲田大学ラーメン部が食らう!!鶏白湯麺 蔭山 −第一弾−

この記事をシェア!

この記事を書いた人:サイトの管理人