【早稲田祭2017】ぺえから自我を学ぶ「エゴサーチ」イベントレポート

2017年11月5日の午後に開催された「エゴサーチ -自我の探求-」。

ゲストはオネエタレントとして活躍しているぺえさん。原宿のアパレルショップで勤務する傍ら、TVのレギュラーを持つなど、最近人気が上昇中といったところでしょうか。自身のすっぴんや、前田敦子さん・鈴木奈々さんとの仲良しツーショットがあがるInstagram・Twitterも若者から注目を浴びているようです。

今回のテーマは「自我」。自身のこだわりを持てず、周りに流されてしまう今の大学生に向けて何かメッセージを送りたいと、この「自我」というテーマを取り上げたようです。MCいわく、来場者全員に、自分の好きなこと・やりたいことを貫く、いわゆる「自我る」ことができるようになってもらいたい、というのがこのイベントの大きなゴールだそうです。さて、私も「自我る」ことができるように頑張ってレポートしていきます!

 

ゲスト登場

ポップなBGMとともに登場するぺえさん。トレードマークであろう派手な髪色(ピンク髪の印象でしたが当日はレッドでした)に、服はやはりぱっと目を引く原宿系ファッションでした。

約700名を収容する教室が満員御礼になった今回のイベント。ぺえさんも、「こんなにたくさんの人が来てくださって嬉しいです」と声高に喜んでいました。マイクを取り忘れるなどお茶目な姿を見せながらも、「ぺえです、よろしくお願いします!」のひとことで拍手が起こり早速イベントスタートです。

 

ぺえの人生から学べ!『ぺえ’sストーリー』

まず明らかになったのは、ぺえさんがバレーボール山形県選抜の選手だったということ。小学校からバレーボールを始め、高校3年生まで熱心に打ち込んでいたようです。何かを続けることって簡単そうに見えて、結構むずかしいですよね。自分のやりたいことを強い意志を持って続けること、これはある種「自我」とも呼べるのではないでしょうか。

AKBのオーディションを受けていたことも明らかになり、会場は驚きに包まれました。若いうちにしかできないことがあると色々なことに挑戦したぺえさんの姿に、心ひかれた学生も多かったのでは、と思いました。

また、自分の秘密をカミングアウトすることの難しさを語るぺえさんの姿も印象的でした。今でこそオネエキャラで人気を博しているタレントはぺえさんの他にも沢山いらっしゃいますが、「今後オネエとして生きていく」ことには相当な覚悟と強い気持ちが必要だったはずです。オネエをカミングアウトするという大きな決断をしたぺえさん、私の目には強い自我を持ったカッコイイ人に映りました(実際間近でお会いした時は、メイクばっちりで、いい匂いもしてとても可愛らしい方でした!)。

 

俺はあの時何をやっていたんだ!『自我れなカッター』

来場者から、過去に自我れず後悔したエピソードを募集するコーナーでした。まず、1つ目のエピソードが「友達にごり押しされた服を買ったはいいけれど、似合わないのでずっと着ていない」というもの。これに対してぺえさんは、「似合わない服を勧めるなんて、友達じゃないよ!」と一言。たしかに洋服選びで迷っているときはすぱっと意見を言ってくれる友達や店員さんがいてくれたら嬉しいですよね。

このようなエピソードを募集するコーナーでよく寄せられるのが恋愛についての悩み。「好きと言えなかった」「仲のいい関係を壊したくなくて好きと言えなかった」という自我れなかったエピソードが集まりました。ぺえさんも恋愛についてはやはり心を悩ませた経験があるようで、「恋には自我を抑えて周りに合わせることも大事だよね」と一言。「自我」の上手な使い方を教えてくれました。「でもやっぱり若いんだから、やらなくて後悔するよりやって後悔したほうがいい。好きって気持ちは伝えたほうがいいよ!」というアドバイスも印象的でした。

 

己の自我を見せつけろ!『第1回日本自我デミーショー』

まず、タイトルに「??」となりますが、自分の好きなことややりたいことを会場内で叫んで「自我る」第一歩を踏み出してもらおうというコーナーのようです。こんなに大制の前に立つなんて恥ずかしくないのかな?と私は思いましたが、己の自我を見せつけたい人が10人ほど手を挙げていました。選ばれたのは4名。この中から、いちばん心揺さぶられる自我を持っていた人に、来場者とぺえさんが投票し、自我デミー賞が決まります。

「ぺえさんと一緒にお酒を飲みたい」「ぺえさんと結婚したい」など、ぺえさんファンの叫びが多かった中、見事自我デミー賞に選ばれたのは、なんと先ほど「好きな人に好きと言えなかった」という自我れなかったエピソードを送ってくれた方の「今度こそ告白してみせる!」というものでした。私も、ぜひ頑張ってほしいなと思うとともに、自分も何か声を大にして言える「自我」が持てればいいなとも思いました。

 

本日の『ぺえ語』の発表

自身のInstagramで『ぺえ語』という格言を紹介しているぺえさん。今回は、イベントを通しての格言を発表してもらいました。
書いてもらったのはこちら、「思うがままに生きろ」というもの。ぺえさん自身もこの言葉に背中を押されて生きてきたようで、そんな大事な言葉を色紙に直筆で書いてくれました。「やりたいこと、挑戦したいことをやらない限り結果にならない。やれば自信につながると思います!」という強いメッセージを残してくれました。

 

イベントを終えて

ぺえさんの終始キラキラした姿は、過去の辛い経験や大きな決断を乗り越えてのことだったのだと感銘を受けたと同時に、自分の生き方そのものにこだわりを持っているぺえさんに強い憧れを抱きました。私もまだ大学生なので、若いうちに強い「自我」を持って色々と挑戦したいと思いました。まずは、運動神経が良くないからと敬遠していたジムに通ってみようと思います!(笑)

関連記事

【早稲田祭2017】近藤千尋さんが可愛すぎる!ファッションがテーマのトークイベントレポート

筋肉も面白さも超ド級!噂のミスター早稲田2017に潜入してみた。

【早稲田祭】キンコン西野さんと幻冬舎箕輪さんの講演に行ってきた!#未来のページをめくる

この記事をシェア!

この記事を書いた人:やまぎし