絶対ハズさない!早稲田祭理想のコース【11/4編】

10月も後半になり、徐々に早稲田祭の足音が聞こえてきましたね。読者の方の中には、行こうにも余りにもイベントが多くて、正直どこに行っていいか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は早稲田祭1日目の「迷ったらココに行けば間違いない!」という理想のコースをご紹介します!

11/5編はコチラから!

10:00-10:30 Opening Festival

早稲田祭に来るなら、やはりOpening Festival は欠かせません。

【ポイント】
SHOCKERSをはじめとした早稲田を代表するパフォーマンスサークルたちが、早稲田祭のオープニングにふさわしい華々しい舞台を繰り広げます。毎年、これを見ると早稲田祭の始まりを実感しますね。

動画を見ても分かると思いますが、朝早くからかなりの人数が集まる人気イベントですので、近くで見たい方は早めに大隈講堂ステージ前に行くことをおすすめします。

10:45-11:05 応援部

OFが終わったら、大隈講堂前から正門を通って11号館前ステージに移動しましょう。

ここでは応援部のパフォーマンスが行われ、例年、応援曲のメドレーが披露されます!

【ポイント】
これの何が楽しいって、めちゃくちゃテンションが上がるんです。

紺碧の空を歌うとグッと気持ちが高まるという方も多いのではないでしょうか。
早大生の皆さんはもちろん、早稲田を受けようと思っている受験生にも、ぜひ雰囲気を体感してほしいです!

11:30-12:30 あそびゴコロファクトリー

応援部のパフォーマンスを見たところで、続いては14号館の方に移りましょう。
こちらでは、あの「テラスハウス」でもお馴染みの今井華さんが登場します。

【ポイント】
やっぱり早稲田祭の大きな醍醐味の一つといえば、芸能人を間近に見られるってところじゃないでしょうか。

今井華さんはTwitterのフォロワー53万、Instagramのフォロワーが70万という脅威的な人気を誇るモデルで、生で見たら皆さんもバイブスがブチ上がること間違いなし。

個人的には、無料でイベントに参加できるというのも大きな魅力の一つ。

【ここでちょっと休憩。】

時間もいい感じなのでこのあたりで一旦休憩。
屋台メシを食べながら午後に備えましょう。

13:45-14:20 ~超接待バラエティ~ わせだっ子政策

お昼の休憩を終え、1日目も後半戦に突入!
この時間は、大隈講堂前ステージで行われる「わせだっ子政策」へ。

【ポイント】
MCにお笑い芸人のバッドボーイズ、ゲストに高橋來さん、横山歩さん、小林星蘭さんといった豪華メンバーを迎え、早稲田のサークルが子どもたちを接待しまくるという異色の企画。

早大生と芸能人が共演するのを見られるのも早稲田祭ならでは。

15:00‐16:00 しみけん講演会

続いては、皆さんお馴染み(?)のこの人!
AV男優、しみけんさんの講演会です!

【ポイント】
最近ではなぜかお馴染みになりつつあるアダルト系企画。実は既に事前予約枠が埋まっており、今年の早稲田祭の中でもかなり注目度が高いです。当日席は先着順のようなので、こちらがお目当ての方は早めに向かうのが吉。

16:05-16-40 中夜祭

早稲田祭1日目も終わりが近づいてきます。そしてこの時間になるとなぜか急にエモい。
そんなエモさを盛り上げてくれるのが、この中夜祭。

【ポイント】
中夜祭の見どころは、なんといってもそのクオリティの高さ。

というのも、中夜祭は様々なサークルを引退した4年生が作り上げている舞台。
そのため、毎年レベルの高い企画が繰り広げられ、1日目の夜を盛大に盛り上げてくれます。

16:50-17:25 WASEDA COLLECTION

そんなこんなで、早稲田祭2017、1日目を締めくくるのは、みんな大好きワセコレ。
ワセコレを知らない方のために説明すると、わせプロというサークルが行っている「早稲田生によるファッションショー」のことです。

【ポイント】
ステキな服はもちろん、美しいモデルの皆さんも大きな見どころ。

Twitterではそれぞれのワセコレモデルのアカウントがあるので、それを見て事前に推しメンが決まっていると、より一層ショーを楽しめるかもしれないですね。

まとめ

早稲田祭1日目のコースを辿ってみましたが、お目当ての企画はありましたでしょうか?

「理想のコース11/5編」も公開されていますので、ぜひそちらも併せてご覧ください!

「理想のコース11/5編」を見る

関連記事

運スタ、戸山キャンパスでプロジェクションマッピングやるってよ。

誉め言葉は肩メロン!?ミスター早稲田の美しすぎる筋肉に迫ってみた。

絶対見逃せない!早稲田祭2017に出演するパフォーマンスサークル5選

【受験生必見】早稲田の雰囲気を最大限に感じる早稲田祭の過ごし方ナビ

【OBになるにはまだ早い】 4年「でも」輝ける早稲田祭とは

この記事をシェア!

この記事を書いた人:OBOG