早稲田大学ラーメン部が食らう!!渡なべ-第四弾-

早稲田大学ラーメン部がラーメンを食らい、そのレビューをするという企画。第四弾です!

今回紹介するお店はこちら!!!
“渡なべ”

馬場歩きの途中、路地裏にひっそりと佇んでいます!

早稲田大学ラーメン部副幹事長(つい先日引退したので、正確には”元”副幹事長)の高坂が早速レビューしていきます!

外観

路地裏にひっそりと佇むその姿は、まさに隠れ家。
一通りの少ない場所に立てているところが、ラーメンへの自信を伺えますね。

店内の様子

風情ある木目のカウンターで、8席あります。
準備中のため、全体は撮れませんでしたが、席から調理の様子がよく見えます。

メニュー

ラーメンのみならず、つけ麺や季節限定のメニューもでたりしますが、初めてならやっぱり看板のらーめんを食べて頂きたい!

ということで、今回は当店の1番人気の“味玉らーめん”を頂きました!

濃厚な魚介豚骨のスープはなんと、化学調味料を未使用!

そんなスープは鰹節ではなく、渡なべのスープに合うように特注された鯖節と宗田節にこだわっているそう。
歯切れの良いストレート麺はスープとの相性バッチリ!

こんもりと盛られた2種のネギが、サッパリとしていて良いアクセントになっています。

しかし、渡なべといえば…

メンマがアツい!

見てください。このメンマ
見たことありますか?こんなに太いメンマ

脇役のはずのメンマを、あえて主役に。そんなお店のこだわりに違わず、圧倒的存在感です!!

実はこのメンマの仕込みには、5〜7日間かかるそうです。
メンマへのこだわりがアツい!

そして一見食べづらそうなメンマを、タテから食うか、ヨコから食うか…

実は繊維に沿って、ヨコから食べると綺麗に割れて、食べやすいそうですよ!
メンマヨコから食べましょう!

最後に

馬場歩きをしていても、表通りに面していないので、なかなか見つかりづらいですが、
ラーメン好きもそうでない人も、ぜひ足を運んで頂きたいお店!

たい焼き屋さんと松屋が見えたら、道を曲がる合図です!
美味しいそうな香りを漂わせる、隠れ家がそこに待っていますよ!!

以上、早稲田大学ラーメン部(元)副幹事長の高坂でした!

よろしければ、我々早稲田大学ラーメン部のTwitterもぜひチェックしてください!
そして!新生ラーメン部をぜひよろしくお願いしますね!

店舗情報

渡なべ

電話番号:03-3209-5615

住所:東京都新宿区高田馬場2-1-4(Googleマップ

営業時間:11:00〜20:00(スープ終了まで)

定休日:無休

おすすめ記事

早稲田大学ラーメン部が食らう!!鶏白湯麺 蔭山 −第一弾−

早稲田大学ラーメン部が食らう!!自家製麺 鶏そば 三歩一 –第二弾-

早稲田大学ラーメン部が食らう!!鮪塩ラーメン 巌哲 -第三弾-

早稲田大学ラーメン部が食らう!!らぁ麺やまぐち-第五弾-

この記事をシェア!

この記事を書いた人:ラーメン部