中毒者続出のワケは…?ダルシムカリー徹底分析

早稲田には油そば、揚げ物など、ついつい何度も食べたくなるような中毒性のあるワセメシが多く存在します。その中でも、知る人ぞ知るワセメシが“ダルシムカリー”!!

今回は、ダルシムカリーの魅力に迫りながら、広告研究会がコラボしたwasのマッドハンドについて紹介していきたいと思います!!

店舗

ダルシムカリーは早稲田大学早稲田キャンパス北門を出て徒歩数分ほどのところにあります。ドアを開けると…複雑なスパイスの強い香りに包まれます。筆者はこの日30分ほどダルシムカリーさんにお邪魔しましたが、その日一日中ほのかなスパイスの香りを振りまくことになりました。代表的なメニューはチキンカリー、豚バラカリー、チキンオーバーライスなど。注文は食券式で、トッピングの種類がものすごく多いです。さらにはカレーとご飯の量、辛さも選べ、自分流にカスタマイズできるのが魅力のカレー屋さんです!!

そんなダルシムカリー、一度行くとハマってしまい止められなくなる「中毒者」が多発している模様…
そこで、早大生の中毒者がどうしてハマってしまったのか、取り調べしました

中毒者の証言

政治経済学部2年Sくんの証言

始めたきっかけは近くのアブラ学会が並び過ぎていたことです。たまたま入ったのに最初からありえん美味いと思いました。ダルシムは他のカレー屋さんとは別格だなと思いますね。生玉ねぎをトッピングすると本場のインドカレーみたいになります。もう、どういう時に食べたいとかは無いんです。いつでも食べたいです。今も。最近は人気が出てきてちょっと混んでいて、並んでいる間に早く食べたくてイライラします。でも、並んだ分だけ美味しさが増して、余計にやめられなくなりました。

教育学部2年Mちゃんの証言

初めて食べたときは普通においしいくらいの感じだったんだけど、それ以降気づいたらダルシムのこと考えていて…考えだしたら行かずにはいられないですね。チキンカリーのあのジューシーなチキンを食べるときの喜びが半端じゃないです。次はどのトッピングにしようかな~っていう楽しみもありますね。

…筆者はもうダルシムが怪しい食べ物にしか見えなくなってきました。

検証

ここからは、これらの証言をもとに中毒性を検証していきましょう。

まず、証言者が言っていたようにトッピングの多さと辛さが選べるダルシムカレーでは、いったい何通りの味が楽しめるのか検証してみました。

カスタマイズ

ダルシムカリーのトッピングはタマゴ、チーズ、ほうれん草などの野菜、さらにはお肉を増量することもでき、なんと16種類あります。これの組み合わせを計算すると216=65,536通りあります。トッピングできるカレーの種類は5種類、辛さは3種類ですので、65,536×5×3=983,040通りの食べ方があります。1日3食食べるとして327,680日かかるので、毎日食べ続けると897年以上かかるそうです。なんとみなさん897年毎日、三食違うカレーを食べられます!!(10時30分の開店から11時までは、朝カリーということで300円でシンプルなカリーがいただけるそうです。)

何回行っても飽きないダルシムカリーさんの魅力が中毒者を生んでいることがよくわかりますね。

 

お店への調査

ここからはダルシムカリーの店員さんにいろいろ教えていただきました。

ダルシムカリーにハマってしまい何度も来てしまう中毒者がいますが、ズバリ、ダルジムカレーの美味しさの秘密はなんでしょうか。
―何と言ってもスパイスをかなり多めに入れていることですね。ダルシムのスタッフは本当に風邪を引きません。スパイスは薬だと思います。鼻炎持ちの店員も、スパイスを混ぜると鼻がスーッと通ります。みなさんも風邪っぽいなーなんて思ったら、是非食べに来て欲しいです。

これが実際に使っているスパイス。かなり怪しそう。。なるほど、スパイスは薬なんですね!確かに店を出てからもつきまとうあの香りは相当な威力がありそうな気がします。

ところで、トッピングの多さがダルシムの魅力の一つだと思いますが、ダルシム初心者にオススメなトッピングを教えてください。
—ジャンクに行きたい男子だったら、ニンニクと卵をトッピングしておけば、イケナイものになるよ!女子なら、チーズトッピングするとおしゃれっぽくなる。あとはトマトとパクチーとかトッピングすれば色鮮やかで写真にも映えると思うよ。

トッピングによって誰にでも合うカレーになるんですね。ああ、もうはやくいろいろトッピングを試したくなってきました。


ダルシムカリーの店長さん。いい人そうな笑顔なのにこんな中毒性のあるカレーを作っちゃうなんて罪深いですね。

コラボメニュー紹介

早大生の皆さんに今オススメの麻薬級の美味しさのメニューはこちら!!wasFES2017とのコラボメニュー「wasのマットハンド」です!!

何だこれは!!!!!
なんとチキンの足が乗っています!!ダルシムの店員さんも禁じ手を使ってしまったと自負していました。とにかくインパクトのある見た目にこだわったそうです。チキンの足は中国ではスナック感覚で食べられています。トロッとしていてとてもいい味が出るそうです。さらにはチキンのお肉も入っていてフライドオニオンも乗っており、ボリュームも満点!上には赤パプリカとパセリが散らされていて、なんとも美味しそうな色合いです。辛さも三段階で調節できるそうです。優しいですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ダルシムカリーの魅力が分かった皆さん、是非コラボメニューを食べに行ってみてください。あなたも今日から中毒者になるかもしれません。

関連記事

【早稲田祭ゲスト】元テラスハウスのメンバー今井華さんにインタビュー

絶対早稲田祭に来てほしい運スタ vs 別に行きたくない早大生

絶対ハズさない!早稲田祭理想のコース【11/4編】

この記事をシェア!

この記事を書いた人:やまぎし