大人気YouTuber水溜りボンドに聞いた「挑戦」することの意義。

現在登録者数が100万人を突破した人気YouTuberの水溜りボンド。

水溜りボンド

様々なジャンルの面白い動画を毎日投稿している。

現役大学生でもある2人に「挑戦」する大切さ・意義について聞いた。

■YouTuberになろうと思ったきっかけは?

自分たちがやりたいことを自分たちで作って、たくさんの人に見てもらえるから。

 

■YouTuberになって、1番変化したことはなんですか?

毎日動画をアップしているので、動画の作成が生活の中心になった。

 

■いままで1番大変だった、または1番印象強い挑戦とは?

ポケモンGOの富士山企画。

 

■いままでで1番お金がかかった挑戦はなんですか?

スライムに液体窒素を入れてみた企画。

 

■2人にとって挑戦することの意義とは?

2人でやりたいことをやり続けることが、周りから見ると挑戦しているように見えるかもしれないけど、僕らは日々やれることを日々努力してやってるだけ。

 

■何かに挑戦して失敗した時どういう風に考えますか?

全力で常に一生懸命やって、後悔しないような努力をしています!

 

■多くの人に見てもらうために工夫していることはなんですか?

毎日投稿する中で、できる限り質の高いものを投稿すること。

 

■YouTuberを通して見てくれた人に伝えたいことはなんですか?

普通の人でも一生懸命やったら共感してくれる人が必ず出てくるということ。

 

■学生のうちに挑戦しておいた方がいいと思うことは何ですか?

自分が興味を持ったことを面倒臭がらずにすぐやる!(北海道にチャリで行くとかね)

 

■これからの目標を教えてください!

(いい意味で)変わらない二人で居続けること。


小学生、中学生、高校生、そして大学生。

まだ大人じゃないけれど、大きくなるにつれてバカげたこと、突拍子もないことをしなくなるし、

できなくなってきた・・・

そんなあなたに、早稲田大学広告研究会が

人気YouTuber「水溜りボンド」と共に「TRYTUBE」をお届け!

TRYTUBE

毎日動画を投稿し続ける彼らのYouTubeに込められた「TRY」挑戦の神髄トークあり、
来場者全員参加型企画ありの濃厚な1時間であなたを「まだ見ぬ挑戦の海へ」と誘います

11/5(土)14:00~15:00

早稲田大学早稲田キャンパス15号館402教室

入場無料

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

この記事をシェア!

この記事を書いた人:サイトの管理人