早稲田大学広告研究会とは

私たち広告研究会は広告を「人を動かすもの」ととらえ、日常生活を広告でどう変えていくか日々研究しています。

大正2年から続く歴史から外部の信頼が厚く、OB・OGの方々も沢山の功績を持った人ばかりです。
私たちは企業から頂く課題に沿って広告を制作することはもちろん、大学のサークルや周辺の商店街、イベントなど多角的なアプローチで広告を考えています。

グラフィック広告チーム 

グラフィックという、1枚の紙に情報を詰め込む作業は大変です。しかし最小限で最大限の効果を狙うからこそ、技術が身につき、想像力が磨かれ、伝わったときのよろこびはひとしおになります。このチームはそういったことに喜びを見出す凝り性な人たちの集まりです。

弓道部ポスター
%e5%bc%93%e9%81%93%e5%a4%96%e6%b3%a8%e6%9c%80%e7%b5%82

映像広告チーム 

映像広告は現在進行形で時代と共に進化する最新の広告形態です。大規模なイベント開催や効果的な広報活動を行うには欠かせない映像での表現は大変ですが、やりがいに満ち溢れています。それ故、そんな映像広告チームには必然的にクリエイティブでエネルギッシュな人物が集まっています。


外注も承っております。

広告戦略チーム 

広告戦略チームは、クライアントから依頼される課題に対して、最も適した広告媒体を探し提案するという活動をしています。過去には、広告戦略チームが考案したプランがJALやSUMSUNG、WEGOなどの有名会社に採用され、企業の協力のもとプランが実践されたという実績もあります。


広告を外部へ発信して、人を動かすまでが私たちの活動です。
広告を日本に発信し、そして広告で日本を盛り上げるために日々奮闘しています。
こちらは、当会の幹事長がインタビューを受けて 語ったことが記事になっています。

そして、こんな広研が今年の早稲田祭でもイベントをやります。
是非来てみては?
 
早稲田大学広告研究会主催早稲田祭イベント「wasFES2016」
wasFES2016

この記事をシェア!

この記事を書いた人:サイトの管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です