アル中大学生、1週間禁酒チャレンジ

こんにちは、ワセアド編集部です!!

突然ですが、成人された皆さんは「お酒」好きですか??僕は好きです。しかし、お酒が身体にもたらす悪影響は計り知れません。大学生にとって飲酒と健康の問題はかなりセンシティブですね。

そこで、毎日アルコールを摂取している「アル中大学生」であるワセアド編集部の二人が一週間禁酒に挑戦してみました。果たして禁酒の効果はいかに!!!

 

※この記事は未成年飲酒および過度な飲酒を勧めるものでは断じてありません。その点をご理解いただいた上でご覧ください。

 

チャレンジャー

今回、一週間禁酒に挑戦するのは、ワセアド編集部厳選の酒好きです。ご紹介します。

二人とももちろん成人です。

 

  • マツモト


早稲田大学政治経済学部

アル中エピソード:
スト缶の新作が出たら絶対に二日以内には飲む。48時間お酒を飲んでいた時の30時間めくらいから全身に湿疹が出る。しかし、飲み続けることでそれを克服する

チャレンジに一言:
「文化的な生活を目指します」

 

  • イシザキ


早稲田大学文化構想学部

アル中エピソード:
お酒が好きすぎてバーテンダーになる。家の冷凍庫には常にキンキンに冷えたテキーラを2本は常備。毎日酒を飲んでいるので泥酔しないと眠れないこともしばしば。

チャレンジに一言:
「これを機に健康になります」

 

二人とも生粋の酒好きです。この二人が一週間禁酒していきます!!!

(ベロベロの挑戦者2人)

初日

一週間でお酒を飲まないのはすごく壮絶な戦いになることが予想されるので、2人で最後のスト缶を飲む。いつも飲んでいるこの味であるが、一週間も会えないとなると心なしかコクや深みを増した味わいである。

(感慨深くスト缶を見つめる2人)

 

乾杯して、さて一週間禁酒チャレンジスタート!!!

(最後の乾杯)

 

イシザキ

お昼頃に最後のスト缶を飲んだので、まだ辛さはそこまでない。しかし、成人してこのかた、夜にお酒を飲まないことはほとんどなかったので何をすればいいのかわからない。

友人からの飲みの誘いを断るのが非常に寂しい。本を読んだり、ネットフリックスを見たりしてみるが全く落ち着かない。起きていてもやることがないので23時に就寝。先が思いやられる。

 

マツモト

朝起きるとイシザキから着信があった。呼ばれるがままに都電に揺られ、行きつけの洋食屋でハンバーグを平らげた帰り、突然1週間の禁酒を持ちかけられた。

思えばお酒を飲み始めてから常に「遊び」の隣にはお酒がいたような気がする。

楽しい時間を過ごすためにお酒に頼りすぎていたのかもしれない。

この禁酒で新しい楽しみを見つけられたらいいなあ。

 

3日経過

 

イシザキ

禁酒を始めてから明らかに寝起きが良い。お酒を毎日飲んでいた時期は何があっても午前中に目を覚ますことはなかったが、自然と9時とか10時に目を覚ますようになった。しかも体の調子もすこぶる良い。以前は起床後の数時間、体も重く、視界もぼやぼやしていたが、常にコンディションが良く体が軽い

早起きしているのでジムに通えるようになった。二日酔いではない体で汗を流すのは最高だ。夜はお酒を飲まないのでサウナに通うようになった。最高に整う。世界ってこんなに美しかったんだね。

あとは家にいる時間が増えたので自炊をするようになった。健康健康。

 

ぶっちゃけ夜になるとめちゃくちゃお酒が飲みたい。特にサウナ終わりは地獄。この日は友人とサウナに行ったのだが、友人は迷わずビールを流し込んだ。ウーロン茶では喉越しが物足りない。最高に整っているはずなのに心には何かぽっかりと穴が空いたようだ。これはなんなのか。

 

(ドヤ顔でビールを飲む友人)

マツモト

お酒を飲まないと1日がずいぶん長くなったような気がする。

バイトを終え帰宅、入浴や食事を済ませてもまだ夜11時。普段ならラストオーダーを前に一層乾杯のピッチを上げている時間だ。

やることがないなら寝てしまえばいい、そう思ってせっせと布団を敷き横になってみるがちっとも眠くない。大学生になり、一人暮らしを始めてから夜更かししがちな生活習慣はそう簡単に変えられないみたいだ。

何をしようか、そう思って部屋を見渡すと埃の積もった本の山が見えた。そういえば大学生になってから落ち着いて本を読むことがずいぶん減ってしまった。せっかくの機会だからと、いつぞやに買って手を付けていなかった本を開いてみた。

ただ、ここでハプニングが起きる。あろうことかこのタイミングで隣人が宅飲みパーティーを開いているようなのだ。
うちのアパートは壁が薄い。「乾杯~」そんな声が本の世界に入り込むのを邪魔してくる。
というか俺も酒飲みたい。これ以上隣の声を聴いてはダメだ。

とにかく楽しそうな声をシャットアウトしなければ。読書はまた明日にしよう、そう思ってイヤホンを付けYouTubeを見ていたら気づいたときには寝落ちしていた。結局不毛な一日だった。

 

5日経過

 

イシザキ

やはりお酒を飲まない喪失感は言葉では言い表すことができない。健康的な食生活に体調の良い体、それ以上なにも要らないはずなのにこれはどういうことなのだろうか。

この日は3人の友人と日帰りのスノーボードに行った。集合時間は朝7時。これに間に合うことは以前の自分なら出来ていなかっただろう。しかし禁酒の恩恵、朝5時半のアラームに目を覚ますと、体のキレは最高。優雅に朝食をとり、悠々と集合時間に到着した。

友人のうち一人がお昼休憩の際にビールを美味しそうに飲むという予期せぬトラップになんとか耐え、一日、スノボを楽しんだ。スノボ舐めてたけど本当に楽しいね。絶対またいくんだ〜。

体はかなり疲れている中、雪山からのバスは無事池袋に到着。僕たち4人は仲良しなので1日スノボをした体をねぎらうため焼肉屋に行った。

僕は完全に油断した。疲れた体と脳がそうさせたのだろうか。

 

俺の前に、、、、、、ビールが置いてある、、、、、、???

 

これはいけない、絶対に飲んではいけない。だって禁酒期間なんだもん。ここで飲んだら企画倒れだもん。とりあえず匂いだけかごう。匂いだけ嗅いだらウーロン茶を頼もう。

 

 

相変わらず琥珀色、綺麗だなあ。麦のいい香りがするなあ。ああ。

 

 

うめええええええええええええええええええ

 

5日ぶりかつ疲れた体での飲酒は本当に言語化できないほど至高。もう何も考えられない。お酒のことしか考えられないよう。

その後のことはもう何も覚えていない。文字通り何も覚えていないのだ。5日分のお酒を摂取し、帰宅。いや帰宅したことすら記憶にない。池袋で飲んでたのに朝起きたら早稲田の自宅にいるんだもん、不思議。

 

マツモト

イシザキから友人とスノボ旅行に行く、とLINEが来た。
まさかこいつ、、?と思ったが禁酒の話を持ち掛けてきたのも彼の方だ、男に二言はあるまい。友を信じて今日も禁酒に励もうと自分に喝を入れた。

禁酒生活も5日目、お酒を飲まない生活にずいぶん心も体もなじんできた。
まず、朝起きれる。アラームをかけずとも朝の7時には自然に目が覚めるようになった。朝早く起きれば夜は自然に眠くなる。日付が変わる前に寝たのはいつぶりだろうか。

加えてすこぶる体調がいい。お酒を習慣的に飲むようになってから常について回ってきた原因不明の眠気を全く感じない。バイトにもワセアドの記事更新にもいっそう精が出る。

新しい趣味も見つけた。
クラシックを聴くことだ。周りの音を気にせず本を読みたい、そう思ってたどり着いたのがクラシックだった。美しい音楽を聴き、読書に没頭する。それだけのことがこんなに時間を豊かにしてくれるとは。

今日は夜になっても暖かい。窓を開けてベランダに足だけ出して音楽を聴いていたら、なんだかお酒が飲みたくなってきてしまったので我慢できなくなる前に寝た。

今日は良い一日だ。

 

最終日

イシザキ

5日目のことは流石に反省しています。次の日めっちゃ肌荒れしてたなあ。やっぱお酒って健康を害すんだと思います。

すごく反省しているので体を整えるため、昼前からサウナに赴く。先輩2人と過ごすサウナもまた格別。最高に整った。昼に先輩1人がビールをうまそうに飲むというハプニングはあれど無事、一週間禁酒チャレンジゴールイン。本当にお疲れ様でした自分。

 

マツモト

ここまで禁酒を続けてきて明らかに体調が良くなった。文化的な趣味も手に入れた。
案外酒がなくても大丈夫なものだ。そう思っていた6日目の朝、イシザキから連絡がきていた。

 

「ビール美味かった。」

それからの行動は早かった。友人に連絡をし、酒を飲んだ。それはもうたくさん。

7日目の朝は二日酔いで迎えた。


頭が痛い、目が開かない。こんなにつらかったかなあ。
久しぶりの最悪のコンディション。今のご時世こんなに免疫の弱った状態で外に出るのも悪かろう、そう思ってそっと瞼を閉じた。

 

目を開けたら7日目が終わっていた。

 

総評

 

イシザキ

お酒は間違いなく体に悪いです、禁酒したら体のキレが違います。体は最高に軽いし、頭の回転も最高に良いです。しかし、それだけではやはりもの足りない人もいるでしょう。その心にぽっかり空いた穴を塞ぐのはお酒しかありません。(?)適度に飲みましょうね。

 

マツモト

酒は飲んでも飲まれるな、この言葉に尽きると思います。

禁酒生活、いつかリベンジしたいです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。編集部の2人は壮絶な一週間を送っていましたね。

成人したらお酒が趣味の一つになる人も少なくないでしょう。「お酒を飲んでも飲まれるな」という言葉もありますが本当にその通りで、適度な量の飲酒が最も大事ですね。

皆さんもお酒との付き合い方を自分なりに考えて、適度にお酒を飲みましょうね!

それでは、ワセアド編集部でした!!!!

この記事をシェア!

この記事を書いた人:イシザピ