カフェより快適?文キャン内のおひとりさまスポットまとめ

皆さんはいつも友達と一緒にすごしていますか?

たくさんの友達に囲まれて、にぎやかに過ごす大学生活。

そんなのにも憧れがないわけじゃないですが、そうじゃなくてももちろんいいのです。大学は絶対誰かと一緒にいなきゃいけない場所ではありません。

おひとりさまという言葉をご存知ですか。なんか上品でいい感じの言葉ですね。
ぼっち、じゃなくて、おひとりさまって言ったらイメージ変わりませんか?

とにかく1人はいいですよ。誰にも邪魔されることなく、自分の時間を過ごせます。素晴らしいですね。

特に、文キャンはおひとりさまに優しい場所なのです。

ということで、おすすめのおひとりさまスポット@文キャンを紹介します。文キャンのことを未知の世界だと思っているそこのあなたも、ぜひ見てみてください。

①ミルクホールの横のベンチ

皆さん、ミルクホールのパンは食べたことありますか? 文キャン生なら一度は食べるミルクホールのパン。買ったらすぐ食べたいですよね。

そして、生協の本を買ったことはありますか? 文キャン生なら一度はお世話になる生協の本屋さん。買ったらすぐ読みたいですよね。

そんなおひとりさまの願いをかなえてくれるのが、ここ。

日陰で、風通しもよいので、居心地がいいです。薄暗いくらいが落ち着きますね。

②36号館の脇

36号館の休憩スペースに人がたくさんいてうんざりしたことはありませんか。文キャン生は何かとここに集まりがちです。うんざりしますよね。
そんな時は外に出てみましょう。ここにもベンチがあります。

適度に開放感があるのがおすすめポイント。授業中などは人通りも少なく意外に目立たないので、快適です。

この緑道が好きな人は多いはず。次のスポットに行きましょう。

③33号館の裏

36号館から33号館方面に緑道をぬけたところにあります。日陰で、緑に囲まれており、読書やお昼ご飯に最適な場所。Wi-Fiももちろん通りますよ。
ただ、向かいの33号館の中のソファ席に座っているひとと目が合うと少し気まずい。お互いに大体ひとりなんですけどね。

④図書館の脇

ここはかなり穴場スポットではないでしょうか。

32号館の渡り廊下から、図書館への道を一本右にずれたところに道があります。ジブリ的な雰囲気を醸し出し、薄暗く若干怪し目です。しかし怖気付くなかれ。ここに、おひとりさまスポットがあるのです。

ベンチが4つほど設置されています。大体日陰で、人の目もないので、かなり落ち着けます。

図書館に行くまでもないけど、ひとりで時間を潰したい。そんなおひとりさまはぜひこちらにどうぞ。

⑤34号館の奥の方

ここは、戸山キャンパスの一番奥です。急にこじゃれた雰囲気を醸し出す広場が現れますが、この場所、かなりおすすめです。手前に8個、奥のスペースには5個ほどベンチがあります。

ここの良いところは、ほとんど人の気配がなくとにかく静かなこと。端っことか奥を好むおひとりさまには嬉しいポイントですね。鳥のさえずりが聞こえたり、季節によって花が咲いていたりと、ヒーリング効果抜群な場所です。この時期はアジサイがきれいですよ。物思いにふけるもよし、何も考えずぼーっとするもよし。何ならベンチに横になってお昼寝できます。

⑥33号館の9階あたり

窓に面したスペースにいくつか椅子が置いてあります。大体お昼は早く行かないと他のおひとりさまに先を越されます。密かな人気スポットなのです。椅子がコの字型になっていて、机の役割も兼ねているのが、とても便利です。

ついでに景色がいい。なんとスカイツリーが一望できます。夜景も控えめだけれど綺麗。そう、某三号館に負けず劣らずの景色が堪能できるのです。
…いや、ちょっと負けるかもしれません。でもおひとりさまにはそのくらいで十分です。1人でたそがれるにはもってこいですね。

おわりに

いかがでしたか。全部知っていたあなたはかなり優秀なおひとりさまと言えるでしょう。
正直人に教えたくないような場所もありましたが、実際行ってみる人は少ないと信じています!(冗談です)
大学内にはおひとりさまスポットが他にもたくさんありますので、是非、あなたのお気に入りの場所を見つけてみてくださいね。

おすすめ記事

早稲田大学出身の有名人まとめ【文化構想学部】

50人に聞いた、空きコマの過ごし方まとめ

本キャン生にも伝えたい!パン屋「ミルクホール」の魅力

この記事をシェア!

この記事を書いた人:OBOG